20170312 何度でも行きたい場所。

f:id:satoneco:20170312220241j:plain

ゴールデンウィークに台湾へ行くので、予定を立てる。

3年位前に行ってから、すっかりハマっている台湾。
活気のある雰囲気と、優しい人々に癒される。
食事も美味しいし、治安もいいので、一人旅も2回。

台湾では、どの年代の人にも居場所があるような気がする。
お年寄りが楽しそうに公園で過ごしている姿を見て、そう思った。

わたしは年をとったら居場所がちゃんとあるのかな。

20170311 生まれて初めての体験。

f:id:satoneco:20170312203039j:plainちょっとした用事があったので、今週も都内へ。
用事を済ませると、ちょうど昼時だったので、今週もカレーを食べようと
東京駅八重洲地下街へ。

ビリヤニが美味しい人気店だと聞いていたので、ビリヤニ(Mサイズ)を注文。
インド系の味付けは好きなんだけれど、実は初めて食べるので、どきどき。

日本のお米とは違う、バスマティライスのサフサフとした食感と、
薫り高いスパイス。これはかなり好みの味。
ライタと呼ばれる、ヨーグルトのサラダをかけて食べると、また美味しい。

この年になって(アラフォー)生まれて初めての体験ができるなんて。
またひとつ好物ができた。

エリックサウス - 株式会社円相フードサービス

20170310 単身赴任の身軽さと寂しさと。

10年くらい単身赴任をしている上司から、単身赴任の
楽しさを語られる。
自分だけの空間を作れるというのは、確かに魅力的。

ただ、やはり食事時は寂しいそうだ。
食べ飽きた総菜とコンビニ弁当。
たまに自炊もするが、あまりおいしくない。

テレビに向かって、ただ空腹を満たすだけの食事。
それが楽しい時もあるけれど、ほとんどは寂しいよねぇ、と。

寂しいから、つい語っちゃうんだろうな。

20170309 強がりも時には必要。

仕事帰りに歯医者へ。
詰め物が取れたので、その治療に。

隣のブースでフッ素を塗ってもらっていた子ども(男の子)が
「別に怖くないもん。平気だよ」
と明らかに強がっていた。未就学児だろうと思われる幼い声に
和むとともに、この年でも男の子なんだなぁと感心する。

ここの歯科衛生士さんは美人が多いし、ほめ上手なので
つい強がったんだろうな。

強がりも時には必要。

20170308 働けないし、産めないし、輝いてないの。

国際女性デー。

ここ数年女性の活躍を!なんて言葉を良く見聞きする。
女性は仕事をして、子どもを産み育て、いつまでもイキイキと。

それはすごく素敵なことだし、できることならそうありたい。
ただ私には圧倒的に能力が足りない。

働くことは嫌いではない。
ただ、2~3年に1度全国転勤のある夫と結婚したから、正社員で働く
選択肢は最初から考えていなかった。
なので、転勤先で毎度パートや派遣を探し、慎ましく働いている。
別居という選択肢を選ばなかったのは、やっぱり一緒に暮らしたかったから。

子どもも欲しい。
ただできない。治療は継続して行っているが、年齢的にもそろそろリミット。
このまま夫婦2人の生活でもいいのかな、と思い始めている。

それでは何か趣味やボランティアで活躍を!となるのかもしれないが
それも自分の性分にあっていない。
家でのんびりラジオを聴いたり、気が向いたら一人でふらりと出かけたり
するくらいしか趣味もない。

働けないし、産めないし、輝いていないの。
でもそれなりに幸せ。

 

20170307 ただ真面目なだけなの。

上司とランチ。
するするっと出世されたらしく、そのコツを同僚が尋ねた。

「私ね、上昇志向はないの。ただ真面目なだけなの。
 言われたことを言われた通りにやったら、いつの間にか
 こんなポジションなのよ」

あっさりとおっしゃったが、心に残った。

真面目に実直に仕事をする。当たり前のようで、なかなか難しい。

20170306 最大公約数じゃない。

ベリーショートにして初出社。
女性陣からの評判は上々。似合うね、と言われ上機嫌。
ただ、やっぱり男性ウケは良くはない。

別にアラフォーの既婚者なので、今更「モテ」や「ウケ」はどうでもいいけれど
どうして男性はロングヘアーが好きなんだろう。

カットしてくれた美容師さん(同年代男性)も、
伸ばすか切るか悩んでいる女性には伸ばすことを薦めている、
と話していた。プロとしての意見というより、個人的な好みらしいけど(笑)

うちの夫もベタなロングヘアーが大好き。
黒髪でハーフアップにして、毛先を少し巻いているようなスタイルが好きだ。

そう、女子アナのようなスタイル。
ファッションに関してもそうで、ひざ丈の甘めワンピースにカーディガン
なんてスタイルがなんだかんだで男性ウケはいい気がする。

ふと思ったのだが、そういうスタイルって最大公約数なんだろうな。
かわいいな、とは思いはするのだけれど、いかんせん似合わないし
オリーブ少女としては憧れもしない。

けれど、一度でいいからコスプレ感覚でそんなスタイルにも
挑戦してみたかったな。